THE TEAM ザ・チーム 五つの法則

書評記事書評

 一般に良いチームと思われているのに、有効に機能せず、成果を残せないことは良くあります。

 一般的には、チーム作りは、リーダーの属人的な能力で決まると思われていますが、実際には明確な法則があるというのが本書の内容です。

 本書は、自分にはチームを作り運営する能力が無いと考えている経営者の方に、能力の問題ではなく、「法則を知らない」だけだということを、気づかせてくれるかもしれません。

チームの法則

 経営者であれば、事業内容・成長段階・規模・地域性等の様々な要因が影響するので、これが良いチームなどと簡単に言えないことは、体感として持っていると思います。

 しかし、それでは自社の現状にとって、良いチームとはどういうものかについては、試行錯誤の中で、体得していくしかない部分で、多くは過去に所属したチームの影響を受けることが多かったと思います。

 本書では、自社の現状にとって、良いチームとはどういうものか、そこに向けて、どのように改善していくかを考える上で、ロジカルに無駄なく進めていくための「チームの法則」を紹介しています。

ABCDEの5つの法則

 本書は、5つのチームの法則の頭文字ABCDEをとって、それぞれ1章を割り当てています。

 ABCDEの法則の順番自体には、あまり意味はありません。しかし、相互には栄養を与えあうものではあるので、通読は必要かと思います。

 なにが良いチームかは、自社そのものと、自社を取り巻く様々な環境によって、変わっていくことになります。そこで、環境変化に合わせて、自社のチーム自体を変えていくことが出来なければ、成果を上げ続けることは出来なくなるでしょうし、実際そうした企業が、規模に関わらず多くなっています。

 一度、自社のチームについて、ABCDEの法則を検討し、チームを改善して、成果が上がったとしても、数年後には、また見直しが必要になるでしょう。

 その際に、改善すべき点をロジカルに分析して、改善点を特定できるABCDEの法則は、非常に使いやすく、便利だと思います。

Engagementの数値化について

 個人的に、エンゲージメントの数値化という考え方は、非常に興味をそそられました。

 技術的に可能かどうかはともかくとして、独立した第三者によって検証可能な形のデータになれば、資金調達の新しいインフラになる可能性もあります。

 M&Aの企業評価の一要素になったり、クラウドファンディングの信用情報の一つになったり、どのような展開があるか楽しみですので、注目していきたいと思います。

まとめ

 本書を通じて、チーム作りは属人的な職人芸ではなく、リーダーのパーソナリティの問題でもないと認識できると、経営者の悩みもすこし軽くなるかもしれません。

一方で、経営者のやるべきことが明確になるため、やらなければならないことが増えて忙しくなりそうです。

 また、チームの法則は、出来ればチームメンバー全員、少なくとも管理職全員が理解して、始めて成果につながるものですので、社内研修をするとよいと思います。

THE TEAM 5つの法則
偉大なチームに必要なのは「リーダー」ではなく「法則」だ。 メルカリ会長兼CEO山田進太郎 推薦! 「この本を読めば、私たちがいかにチームを知らないかがわかる。 『チームの法則』を知れば、それだけで突き抜けた場所に行ける」 「個」の重要性が叫ばれている今。そこからさらなる成長・脱却を遂げるためには、個と...
税理士法人阿部会計

個人事業や会社経営について、お金の問題を中心に様々なご相談の窓口になる税理士事務所。
相続税の専門部署(所沢相続税申告オフィス)もありますので、相続税の申告、相続対策のご相談もお気軽にどうぞ。

書評
Abe CPA Office

コメント