PIXAR

書評記事書評

 本書は、ピクサーが上場した当時CFOをされていたローレンス・レビー氏が、ピクサーのファイナンスの面を軸にして、スティーブ・ジョブズにスカウトされるところから、上場とその後のディズニーによる買収に至るまでの状況を、社内の中心メンバーならではの臨場感で表した良書です。

 ピクサーのアニメーション映画を知らない人はいないと思いますが、トイ・ストーリーが公開されるまでに、どれほどの時間とお金が注ぎ込まれたのかについては、漠然とものすごい時間と金額だというイメージはありましたが、具体的な数字と一人一人の担当者とのやり取りを通じて語られる本書を通じて、大変な衝撃を受けました。

 スティーブ・ジョブズとピクサーの関係も、これまでは、華やかなサクセスストーリーとして語られてきたのに対して、本書ではトイ・ストーリー公開と上場に至るまでの、スタジオメンバーとジョブズとの間のストック・オプションを巡る諍いなど、生々しい緊張関係にも触れられています。

 全編にわたる軸の一つはスティーブ・ジョブズになりますが、初期のいやいや金を出しながら、早く上場させて資金を回収したい、自らの復活の足掛かりにしたいが上手くいかず焦る様子から、上場に向けたハードルを一つ一つ超えていくにつれて、自信を取り戻していく様子へと変化していく部分も、すぐそばで行動を共にしてきた人ならではの臨場感があって読みごたえがあります。

 当たりはずれの大きい映画事業で、その映画製作費を調達するための上場というのは、並大抵のことではない中で、離れ業をやってのけたピクサーですが、そこに至るまでにクリアすべき課題を、一つ一つクリアしていく様は、結末を知っているとはいえ、楽しいものです。

 本書は、以下のような経営者にお勧めしたいと思います。

  • クリエイティブとマーケティングやファイナンスとのバランスに苦慮されている経営者
  • 企業規模に対して、ハイリスクで金額の大きい収益に依存する事業の経営者
  • 上場やM&Aなどのイグジットを目指す経営者
  • 自らのワークライフバランスについて悩んでいる経営者
  • スタートアップの経営者

 それ以外の経営者にとっても、刺激になる部分が多いかと思いますので、是非ご一読ください。

税理士法人阿部会計

個人事業や会社経営について、お金の問題を中心に様々なご相談の窓口になる税理士事務所。
相続税の専門部署(所沢相続税申告オフィス)もありますので、相続税の申告、相続対策のご相談もお気軽にどうぞ。

書評
Abe CPA Office

コメント